Ensemble Monsolo Ensemble Monsolo
Ensemble Monsolo Ensemble Monsolo Ensemble Monsolo    
Ensemble Monsolo  
Ensemble Monsolo Ensemble Monsolo Monsolo

 

アンサンブル・モンソロ Ensemble Monsolo
パリ国立高等音楽院出身のメンバー(元はコントラバスを含んだ弦楽5重奏・クインテットモンソロ)で結成。現在モンソロはアンサンブルとして形を変え、デュオ、トリオ、カルテットなど様々な編成で2人から8人までのプログラムのレパートリーを持つ。フランス、イタリア、スペインで定期的に演奏し『アートとスピリチュアリア』、『レザミ・デュ・モーツアルト』(アラン・ムニエと共演)、『フェスティヴァル・デュ・フォレ』『ラ・ムジーク・ア・ラ・ファーム』、ヴァレンティン・エルベンがリードしている『ミュージカル・オリオン』など数多くの音楽祭に招聘されている。
音楽祭『ノルマンディー・フォーラム』で最優秀賞&現代音楽賞、スペディダム・スカラシップ賞、ヴェローナにて国際音楽コンクール「TIM」室内楽部門第1位受賞。2009年「プロ・カルテット」に選ばれ世界的な注目を集める。現代曲にも情熱を注ぎ数々の新曲の世界初演を行っている。J.マクマーナ、イザイカルテット、J.ムニエ、M.シュトラウス、C.デゼールに師事し、「プロ・カルテット」プログラムで、W.レヴィンとP.カッツに指導を受けた。
日本へこれまでに6度来日、東京、横浜、群馬、埼玉、大阪、高知、博多で演奏会を行った。また子供たちのためのワークショップほか、2009年にはゲストの福間洸太朗とともに小学校へ訪問コンサートなど日本の未来の子供たちの教育にかかわるプロジェクトに参加している。2011年にフィルムジカ・トウキョウと共演した収益金を東日本大震災支援のため全額送り、2013年には石巻市仮設住宅の集会所へ訪問コンサート、スーダン・南スーダンの難民を救うコンサートを、2014年にはミャンマーの小学校建設、パレスチナ・ガザ地区の平和活動へコンサート収益金を送るなど積極的に社会貢献活動もしている。
モンソロの初CD『オンスロー弦楽5重奏曲&ピアノ5重奏曲』は5つのDiapasonsを受けるなど高い評価を受け、2015年に日本で初リリースした『ショーソン&マーラーピアノ4重奏曲』はレコード芸術準特選盤、毎日新聞月間特選盤、読売新聞とCDジャーナル月間推薦盤に選ばれる。
2016年9月は、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオでの来日となる。

Monsolo Ensemble Monsolo Ensemble Monsolo
Ensemble Monsolo
Ensemble Monsolo
Ensemble Monsolo
Monsolo
M
M
M
M
M
M
M
M
M
Ensemble Monsolo
Ensemble Monsolo
Monsolo